1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 業務、産業用
  4. 農業用
  5. ハナオカ アルミ追肥機 B-DXセット (散布機接続タイプ ALT-01) ALT-01B-DX
最大80%OFFクーポン 75%OFF ハナオカ アルミ追肥機 B-DXセット 散布機接続タイプ ALT-01 ALT-01B-DX discoversvg.com discoversvg.com

ハナオカ アルミ追肥機 B-DXセット (散布機接続タイプ ALT-01) ALT-01B-DX

7865円

ハナオカ アルミ追肥機 B-DXセット (散布機接続タイプ ALT-01) ALT-01B-DX

みのる産業の散布機ニューマイターやヤマト農磁のグリーンサンパーにフィットします。
●先端を株元に差込みレバーを引くと追肥ができます。施肥量はハンドルの回転で調節可能。
●1回の施肥量調整は標準粒状で約28gから48gまで調整できます。

メーカー直送品のため代引決済はできません。
北海道、沖縄、離島への送料は見積りになります。
スマートフォンからご注文の際は、パソコン版商品説明もご確認ください。

ハナオカ アルミ追肥機 B-DXセット (散布機接続タイプ ALT-01) ALT-01B-DX

当店の記念日 霞香りらく きんもくせい 20ミリリットル x 1 cacaufoods.com.br当店の記念日 霞香りらく きんもくせい 20ミリリットル x 1 cacaufoods.com.br
Amazon カスタマー 5
さすがに日本製。電動チェーンソー3本目、エンジンチェーンソー2本を使ってますが、これは秀逸です。回転数もトルクも十分、保管中に油が滲み出して床を汚すような事も無くいし、工具(六角レンチ)が本体に収納されているのもありがたいです。ハイパワーなのにコンパクトで使いやすい。ただし回転数も高いのでキックバックが強く、チェーンソーの使い方を心得ない初心者は取説をよく読んでから使わないと大ケガします。素材もいいものが使われていて、例えば寒い冬の日でも電源コードがしなやかなのに感心しました。まだ買って1週間ですが、長く使えるであろうことは確信しています。強いて欠点を挙げれば、チェーンの張り調整がやりにくい事でしょうか。以前に買った中国製チェーンソーは強度耐熱性の無い素材が使われていて、本体はチェーンの張りで変形しモーターは熱で焼けてあっという間に壊れてしまいました。日本のブランドでも評判の悪いモノがあるようですが、マキタは安心できそうです。

三輪車 折りたたみ かじとり 折り畳み 2歳 おしゃれ 3歳 室内 乗り物 キッズ 乗りもの 子供 押し棒 手押し シンプル コンパクト 軽量 持ち運び BeneBene yaya
かかばぁーば 5
重みも適度にあってかわいいです

山の上のアキラ 1
太すぎてセル苗の移植には不向きです。ポット苗の移植にも微妙です。また、土の堅い畑では使用できません。注文するときに金額だけでなく移植機のサイズをよく見て購入することをお勧めします。なお、ステンレス製の新品なのに筒の中が錆びていました。

mio 5
子供の成長に合わせて椅子の高さを変えられることと、座席の背もたれが長いのが良いと思い購入しました。組み立ては簡単で、軽く扱いやすいです。汚れてもサッと拭けるのでいいです、これから長く使えるといいなと思います!

すぐ届きました。まだ使っていませんが追肥するのにいい物見つけました。#13;
アルミ追肥機用Bセット接続部材 ALT-01・ALT-02 両方対応 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的にアルミ追肥機用Bセット接続部材 ALT-01・ALT-02 両方対応 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的に
KVK カップリング付横水栓 K4 水道蛇口
アルミ追肥機のご紹介|株式会社ハナオカ|大変だった追肥作業への革命アルミ追肥機のご紹介|株式会社ハナオカ|大変だった追肥作業への革命
アルミ追肥機 ALT-01 グリーンサンパー用 B-DXセット ハナオカ ハオ 北海道配送不可 代引不可 :359:農業用品販売のプラスワイズ - 通販 - Yahoo!ショッピングアルミ追肥機 ALT-01 グリーンサンパー用 B-DXセット ハナオカ ハオ 北海道配送不可 代引不可 :359:農業用品販売のプラスワイズ -  通販 - Yahoo!ショッピング
包丁 菜切 160mm 菜切り 片山打刃物 越前打刃物 粉末ステンレスハイス スーパーゴールド2 積層ダマスカス鋼 アイアンウッド柄 片山雄太作 日本製
ハナオカ アルミ追肥機 施肥量減少キット付き ALT-01H...|ミナトワークス【ポンパレモール】ハナオカ アルミ追肥機 施肥量減少キット付き ALT-01H...|ミナトワークス【ポンパレモール】
リンナイ レンジフード TLR-3S-AP901SV クリーンフード ノンフィルタ・スリム型 TLRシリーズ シルバーメタリック 幅 90cm
楽天市場】ハナオカ アルミ追肥機 ALT-01 B-DXセット みのる産業「ニューマイター」ヤマト農磁「グリーンサンパー」対応 : 農家のお店おてんとさん楽天市場店楽天市場】ハナオカ アルミ追肥機 ALT-01 B-DXセット みのる産業「ニューマイター」ヤマト農磁「グリーンサンパー」対応 :  農家のお店おてんとさん楽天市場店
スピード手甲 6枚コハゼ 刺子織 メール便対応
有機肥料散布機 ブロードキャスター 「畑田元気」 CM304 ササキ 公道走行対応 有機肥料対応 積載量300L 適応馬力20-50ps JIS標準0・ 1形直装 :63-1376:ノウキナビ新品ショップヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング有機肥料散布機 ブロードキャスター 「畑田元気」 CM304 ササキ 公道走行対応 有機肥料対応 積載量300L 適応馬力20-50ps JIS標準0・ 1形直装 :63-1376:ノウキナビ新品ショップヤフー店 - 通販 - Yahoo!ショッピング
ビクター プラス腰袋2段フタ付 VPS-B22F ストリックスデザイン 割らずに使えるお箸 白樺 30膳 20.3cm 個包装 ダマスク柄 割れてる 割り箸 おもてなし パー クレマチスの土 12リットル
本日配達されました。早速組み立て完了し練習してみました。作業が楽で腰を痛めないで、楽に終了できました。#13;
アルミ追肥機 ALT-01 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的にアルミ追肥機 ALT-01 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的に
三菱鉛筆(uni) ホワイトボードマーカー 細字丸芯 黒 2本 PWB2M
kuma 5
畑に支柱を立てるときに、大変重宝しております。

アルミ追肥機のご紹介|株式会社ハナオカ|大変だった追肥作業への革命アルミ追肥機のご紹介|株式会社ハナオカ|大変だった追肥作業への革命
ウィッチャー3 ワイルドハント - XboxOne
アルミ追肥機 ALT-01 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的にアルミ追肥機 ALT-01 株式会社ハナオカ|大変だった農作業をより効率的に
SKATER スケーター 子供用包丁 12cm スヌーピー HK5-A (母の日 プレゼント 入園祝い 入学祝い 子供 男の子 女の子 かわいい おしゃれ お返し)
maayu 4
子供用の購入でしたが、大人用のズボンを挟んで干すこともできます。しっかりと挟んでくれるので、意外と落ちません。うちでは重宝しています。縮めるのがちょっとだけめんどくさいかも。

化学系研究者必見!ウェビナーのススメ

2021年も半年経過。引き続きコロナ禍に明け暮れた期間でした。研究者のみなさんにとっては、実験に支障が出たり、学会が中止になったりなど、マイナスの面が多かったこ…

図解で分かる!シリンジフィルターの使い方

シリンジフィルターは、分析サンプルの前処理や、細胞滅菌を行うために、溶液をろ過するデバイスです。日常的にシリンジフィルターを使っていても、フィルターの材質やサイ…

【保存版】RNA精製→逆転写→リアルタイムPCRの実験フロー

遺伝子発現解析でよく使われるRT-PCR。特に、定量的な解析ができるリアルタイムPCRは、発現量の解析で必要不可欠な手法となっています。しかし、実験がうまくいか…

RT-PCRを成功に導く5つの重要ポイント

逆転写PCR(Reverse Transcription Polymerase Chain Reaction:以下RT-PCR)は、DNAを増幅するPCR技術を…

<研究最前線>三浦正幸-細胞死を軸に広い視野で発生や成長をとらえる

東京大学大学院薬学系研究科教授の三浦正幸先生は、細胞死の研究を主軸としながら、発生や成長におけるサイズ制御や、再生における代謝制御、栄養と腸内細菌の関係など、多…

<研究最前線>ケミカルバイオロジー研究が拓く新技術―標的タンパク質分解

狙ったタンパク質を分解する新しい技術 サリドマイド催奇性の原因因子として見つかったセレブロンは、ユビキチンリガーゼを構成するタンパク質のひとつです。東京医科大…

大腸菌におけるタンパク質発現とホスト選択 その種類と特徴

目的・課題に合わせたホスト選択 大腸菌の菌体内は動物細胞などと大きく環境が異なります。したがって、大腸菌でタンパク質を発現させる際には、正しくフォールディング…

【徹底比較】シリンジフィルターの性能

理想的なろ過を実現するフィルターの条件 シリンジフィルターは、機器分析サンプルの前処理や少量のサンプルの滅菌、抗生物質・培地添加剤などの溶液をろ過減菌するツー…

RT-qPCRのためのRT-PCRの基本とトラブルシュート

定量的PCRと遺伝子発現の評価 定量的PCR(以下、qPCR)の用途の一つに遺伝子発現の評価があり、これはmRNAのコピー数から測定されます。少量のRNAから…

RT-qPCRのためのqPCRの基礎とコツ

定量PCRとは 定量PCR(quantitative PCR)は、qPCRやリアルタイムPCRとも言われ、決められたサイクル数までの一連のPCRにより発生した…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―前編―

「新しい」とは何か ―諸藤先生のご経歴を教えて下さい。 京都大学の吉田潤一先生のもとで博士号を取得し、花王の研究所に2年勤務した後、学習院大学で採用され、2…

<研究者インタビュー>つながり、発信し、研究する―後編―

光反応の可能性 ―諸藤先生は、大学での最初の研究テーマとして、光レドックス反応を選ばれました。ブログの「研究者の研究」で、この分野の大家であるデヴィッド・マク…

<研究最前線>サイの目のブレイクスルー

「存在」でなく「機能」 ―小松先生は「エンザイモミクス」という概念を提唱されていますが、これはどのようなものでしょうか。 生体内の分子を網羅的に調べる手法を…

3次元細胞培養の強みとは(2次元細胞培養との比較)

2次元細胞培養と3次元細胞培養の比較 発生生物学、創薬、再生医学、タンパク質の生産などといった分野において、細胞培養技術は広く定着しています。細胞培養技術の導…

固相マイクロ抽出(SPME)法の理論と条件の最適化

シンプルで安価な抽出法「SPME」の特長 有機環境汚染物質や香料など、揮発性物質を分析するためには、分析対象物を何らかの方法で濃縮する必要があります。しかし、…

ACSクロマトグラフィー賞受賞!Janusz Pawliszyn博士インタビュー

科学界と産業界の連携がイノベーションを生み出す クロマトグラフィー分野で、新たな手法を開発した研究者に与えられるACSクロマトグラフィー賞。1970年から、メ…

コンタミネーションを防ぐ!無菌操作の基本と注意点

無菌操作 細胞培養において最も重要なのは、細胞以外の細菌、真菌、マイコプラズマなどの微生物によって細胞が汚染(コンタミネーション)されるのを防ぐことです。実験…

<研究者インタビュー>世界ではばたく背景にある“different”

中途での決断 ―佐藤さんのご経歴を教えて下さい。 研究の道の第一歩として、東京大学の中村栄一先生の研究室を選びました。そちらでは、鉄触媒を用いたC-H結合活…

<研究者インタビュー>佐々木敦朗―留学で見つけた、自分の新たな可能性

夢をかなえるために必要なこと 「日本とアメリカの両方でラボを持ちたい」。佐々木敦朗(あつお)先生はそんな夢を抱いてアメリカに留学しました。 情報も少なく孤立…

特定元素の含量を「純度」に換算する計算方法

試験成績書には、純度もしくは純度の指標となる値が掲載されている 化合物を購入すると、多くの場合、取り扱い説明書または試験成績書にその化合物の純度が記載されてい…

マイコプラズマ汚染検出方法、「直接培養法」と「DNA染色法」

細胞培養実験でのマイコプラズマ汚染試験の必要性 培養細胞の代表的汚染微生物として知られるマイコプラズマ。一般的には、しつこい咳と、頑固な発熱が特徴のマイコプラ…

PCRの結果を向上させる要素とは

PCRに影響を与える条件 PCRの結果は使用する機器や酵素によって大きく左右されますが、他にも様々な条件や試薬の違いに影響を受けます。この記事では、PCRの結…

PCR・RT-PCR用酵素の選び方

酵素の選択がPCRの結果を左右する より高効率で高精度のPCRを実現するため、また多様な用途に対応するため、これまでにいくつものPCR酵素やRT-PCR酵素が…

<研究最前線>平山祐-細胞内の「危険物」鉄イオンを追跡せよ

「フリーの鉄」の危険性 よく知られている通り、鉄はヘモグロビンや各種酸化還元酵素に含まれ、生体において不可欠な役割を演じています。このため人体内には常に4~5…

国産 VERYのごちそうおやつ 選べる3種 お試しパック※一部品切れ中・一度のご注文内で同じ品目をお選びの場合ご対応できかねます※

ウェスタンブロットの基本の流れ—成功に導くヒント—

実験のクオリティを決めるウェスタンブロット ウェスタンブロットは、ライフサイエンスの研究において一般的に選択される実験方法。タンパク質抗原の多数の重要な特性を…

<研究者インタビュー> 別所毅隆 次世代太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」、トップランナーへの歩み

染物屋と化学者の遺伝子が反応!色付のカラフルな太陽電池 スイス・ローザンヌ工科大学、ソニー先端マテリアル研究所、東京大学先端科学技術研究センターと、太陽電池研…

<研究最前線>実用化は目前!塗って作れる次世代の有機無機複合太陽電池「ペロブスカイト太陽電池」とは

重たいシリコン太陽電池から、塗って作れる軽い太陽電池へ 現代を生きる私たちにとって、この先どのようにエネルギーを供給していくかということは切実な問題です。資源…

<研究者インタビュー>山路剛史―失敗を恐れず自分のやりたいことをやる

生物学のフロンティアを目指して 2018年の2月に米国オハイオ州のシンシナティ・チルドレンズ・ホスピタル・メディカルセンターで自分のラボをスタートさせた山路剛…

製薬分野の最新トレンド「中分子創薬」とは

創薬のパラダイムシフト 医薬品研究は極めて進展の速い世界であり、次々に新しいトレンドが訪れます。かつては、微生物を培養してその生産物から有効な物質を探す、「発…

<研究最前線>分子と生物の間のブラックボックスを解明!生殖細胞のRNAバイオロジー

フロンティアを目指して 今から15年前、修士の学生だった山路剛史先生は、この先、研究者として生きていく上でどの分野を選べばよいかを考えていました。まだ誰もあま…

効率アップ!マルチプレックスアッセイ、カスタマイズの成功事例

医薬品や農薬の開発過程で活躍するマルチプレックスアッセイ 少ないサンプル量と工数で、迅速に最大500種類ものバイオマーカーの測定ができるマルチプレックスアッセ…

マルチプレックスアッセイで、バイオマーカースクリーニング実験を効率的に

タンパク質バイオマーカーのイムノアッセイ マルチプレックスアッセイは、ひとつの生体サンプルから一度に多項目の情報を取得する実験手法の総称です。 タンパク質バ…

PCR技術を発展させた酵素開発の歴史

PCR技術の発展 初期のPCRは画期的かつ重要な技術である一方、重大な限界もありました。(McPherson and Møller, 2000)。研究者たちは…

身近な匂いから科学捜査まで!幅広く活躍する分析手法「SPME」とは

香料分析からフェロモン探索まで幅広く活用されるSPME 固相マイクロ抽出(Solid Phase Micro Extraction、略称SPME)をご存知でし…

<研究最前線>エイズウイルス感染の仕組みを解明!治療薬の突破口に

エイズ治療の鍵を握る宿主細胞側の因子を探る エイズの原因であるHIVは、人の免疫系の司令塔であるTリンパ球細胞に感染し、免疫機能を奪っていきます。発熱、発疹、…

免疫組織化学、免疫細胞化学における染色と検出手法

免疫組織化学/免疫細胞化学の染色と検出 免疫組織化学(IHC)/免疫細胞化学(ICC)とは、特異的な抗体‐抗原相互作用を利用し、組織や細胞中の抗原(例:タンパ…

DIGシステムにおけるオリゴヌクレオチドプローブ作成方法

DIG標識オリゴによるハイブリダイゼーション ハイブリダイゼーションによる核酸の検出には、RI(放射性同位元素)を用いる方法と、抗原抗体反応と化学発光を利用す…

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法

DIGシステムにおけるRNAプローブ作成方法 ハイブリダイゼーションは核酸分子が相補的に結びついて二本鎖を形成すること、およびそれを活用した実験方法をさします…

DIGシステムを用いたDNAの標識手法(ラベリング)

DIGシステムを用いた核酸の標識 DIGはステロイドハプテンであるDigoxigenin(ジゴキシゲニン)を用いることでRI(放射性同位元素)を使用せずに、核…

血球計算盤を用いた生細胞数の数え方

染色によって細胞形態を可視化する トランスフェクションや細胞融合技術、凍結保存など、細胞培養操作の多くは、操作の前に細胞をカウントする必要があります。この記事…

抗体の選び方と濃度検討のポイント

抗体実験を始める前に 抗体を使用した実験計画を立てる際には、使用する抗体の種類や、濃度などの条件を選択・判定しなければなりません。また、必要に応じて二次抗体の…

モノクローナル抗体とポリクローナル抗体の作製と特徴

抗体産生の基本的なしくみ 研究ツールとして用いられる抗体には、ポリクローナル抗体とモノクローナル抗体とがあります。これらは作製方法や性質が異なるため、用途にあ…

抗原と抗体の相互作用とは【抗体技術の基本原理】

抗原と抗体の結びつき 免疫化学を活用した抗体技術は、ライフサイエンス研究の多くの分野において必要不可欠なツールとなっています。免疫化学の基本原理は「特異的な抗…

ペプチド固相合成で用いる樹脂について(Fmoc法とBoc法)

ペプチド固相合成用樹脂とは ペプチド固相合成において、最初のアミノ酸のC末端の保護基として機能するのが不溶性樹脂担体です。反応させたいアミノ酸を樹脂に結合させ…

バッファー使用時の注意点と選択のポイント(バッファーの基礎知識)

生体内の環境を理解して最適なバッファーを選択しよう 生命活動を担う生体分子のほとんどは、生体内の体液の中で反応を起こし、その作用はpHに依存してます。ライフサ…

RNAi実験の基礎 siRNAのトランスフェクションプロトコール

遺伝子ノックアウトとノックダウンの違い ゲノム編集で特定の遺伝子コードを変更する「ノックアウト」では、遺伝子の機能は完全に除去されます。一方、短い二本鎖RNA…

pETシステムにおける発現タンパク質の抽出・精製のポイント

発現したタンパク質を回収する際に確認すべきこと pETシステムは、大腸菌を用いた組換えタンパク質のクローニング・発現システムのひとつです。この記事では、pET…

pHと酸解離定数pKaの関係(バッファーの基礎知識)

バッファーの基礎知識 化学やライフサイエンスの実験を成功させるためにはpHをコントロールすることが重要です。そのためには、バッファーの性質をしっかりと理解して…

DNAフラグメントとプラスミドのライゲーション(クローニングの基礎と実験のコツ)

ライゲーションのコツ コントロール反応を用意する DNAリガーゼを使ってDNA断片同士をつなぐ反応をライゲーションと呼びます。この記事では末端処理したDNAフ…

DNA末端の処理方法(クローニングの基礎と実験のコツ)

クローニングとその基本的なフロー ライフサイエンスでは、特定の遺伝子を単離して増やす操作をクローニングと呼びます。この記事では、目的の遺伝子を挿入したベクター…